キーワード
[ 人間ホバークラフト ]
個人用ジェットパック『Martin Jetpack』を作成した、ニュージーランドMartin Aircraft社の創造力あふれるデザイナーGlenn Martin氏は、マーケティングに対する創造的才能も見せ付けている。 開発チーム以外で初めて「ジェットパックのテストパイロット」になれるチャンスを、オークションに出したのだ。『eBay』のオークションでは、6回のフライトを実施する権利について、3万ドルから入札が開始された。[9月24日、3万5101ドルで落札ずみ] Martin氏は昨年、米国ウィスコンシン州Oshkosh(オシュコッシュ)で開催された大規模な航空ショー『EAA AirVenture Oshkosh』で、個人飛行がついに現実になるところを目にしたいと切望する観衆たちに、同氏のジェットパックを披露した。 実際のところ、これはジェットパックではなくダクテッドファン・パックであり、「JET」(噴射)というのとは若干ニュアンスは違うようだ。[ダクテッドファンは、円筒形のダクト等の中にプロペラ状のファンを据え、それを回転させることによって推力を生み出す推進器の一種。もともと航空機用に研究されてきたが、ホバークラフトやラジコン飛行機の推進器としてよく採用される] 最初の飛行デモは、操縦者が地上から数メートル空中に舞い上がるというもので、多くの人々が期待したほど胸を躍らされるものではなかったものの、Martin Aircraft社では5000回以上のテストフライトを行なってきた。下の動画を見ると、このマシンの機動性がある程度分かるだろう。 より大勢の人々に訴えることを目指すMartin氏は、可能性のある市場として観光ビジネスに注目している。バンジージャンプを世界にもたらし、ジェットボートが人気のある観光イベントになっているニュージーランド出身の同氏は、「ジェットパック体験」ビジネスを運営するためのパートナーを探しているのだ。 このような観光フライトにおいては、「高度」を1メートル前後、速度をおよそ9.7キロメートル以下に設定し、初心者でも「低空でゆっくりとした」安全な飛行を実現できるようにする予定だ。 このジェットパックの性能をフルに活かしたフライト・デモを見た人はいない。だが、200馬力のダクテッドファンを搭載したこのマシンは、高度2438メートルまで上昇可能で、およそ50キロメートルの航続距離性能を備えている、とMartin氏は主張している。 ただし米国においては、米連邦航空局(FAA)の規定により、速度上限が時速102キロメートル、飛行時間が30分に制限されている。[米国では米連邦航空局(FAA)から免許不要な「超軽量航空機」としての認可を取得ずみという]。
[最終更新:2011/06/03]
PR情報
Charatter (きゃらったー)
Google
ググる

[1]キーワードTOPへ
(C)DOKOYA all rights reserved.