キーワード
[ 宮川彬良 ]
宮川 彬良(みやがわ あきら、本名:宮川 晶(読みは同じ)、1961年2月18日 - )は、東京都出身の作曲家、ピアニストである。父は作曲家の宮川泰。妻はバイオリニストの宮川由利子。和光高等学校卒業。東京芸術大学音楽学部作曲科中退。大阪芸術大学音楽学科元客員教授。 宝塚歌劇団や劇団四季など、多くのミュージカル音楽や、東京ディズニーランドのショー音楽なども手掛けている。2004年には松平健の歌う『マツケンサンバII』が大ヒットし、第55回NHK紅白歌合戦で歌われた。また本人もコンサートCDを複数発売している。また、日本放送協会(NHK)やJ-WAVEなどのラジオ番組にも出演し、主としてクラシック音楽を中心とした音楽の普及に努めている。 宮川は、関西地区、特に宝塚周辺において、地域に密着した音楽活動も積極的に行っている。1995年からは大阪フィルハーモニー交響楽団のポップス・コンサートの音楽監督を担当、1996年にはその活動に対してABC国際音楽賞が贈られた他、後述のアンサンブル・ベガを率いて頻繁に演奏会を行っている。また、浜松海の星高等学校吹奏楽部、宝塚市立宝梅中学校吹奏楽部と共に自作の初演を行うなど、その活動の多彩さ、柔軟さには目を見張るものがある。 1997年のなみはや国体で用いられた楽曲「メドレーマーチ“Oh!Namihaya”」「グランドオペラなみはやの夢」を手掛けたことから、大阪市音楽団と交流があり、2007年には、大阪市音楽団を指揮し、特別演奏会を公演、吹奏楽で初めてのCD「ブラスバンド・バラエティ 宮川彬良&大阪市音楽団」(ライブ版)をリリースする。このライブで、父親の宮川泰の曲(『宇宙戦艦ヤマト』、『ズームイン!!朝!』、『ゲバゲバ90分』等)を吹奏楽版に編曲するという親子のコラボレーションと「マツケンサンバ」の作曲家が吹奏楽と共演することが話題を呼んだ。 三児の父親である。
[最終更新:2011/06/03]
PR情報
Charatter (きゃらったー)
Google
ググる

[1]キーワードTOPへ
(C)DOKOYA all rights reserved.