キーワード
[ 中村晃 ]
中村 晃(なかむら あきら、1989年11月5日 - )は、福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(外野手)。小学校2年生で野球を始めた。当時は内野手兼投手だったが、同級生に大田阿斗里(横浜)や垣ヶ原達也(青学大)といった好投手がおり、投手としての自分に限界を感じて野手を志したという。 帝京高等学校入学後1年夏からベンチ入りすると、2年夏から4番に座り、3季連続で甲子園に出場。松井秀喜に並ぶ高校通算60本塁打を記録した。甲子園でも2本塁打(2年夏と3年春)を放っている。 2007年の高校生ドラフトで福岡ソフトバンクホークスの3巡目指名を受け、同年10月22日に契約金5000万円、年俸600万円(いずれも推定)で仮契約した。 帝京高監督の前田三夫の方針により一塁を守っていたが、強肩・俊足であり、本人の意向でプロ入りに際し外野手に転向した。目標の選手として、チームメイトで同じ左打の外野手である柴原洋と大村直之(のちオリックス)の名前を挙げている。 2010年、台湾で開催された第17回IBAFインターコンチネンタルカップの日本代表に選ばれた。 2011年は長谷川勇也の不調やホセ・オーティズ、松中信彦の故障でチャンスがめぐってくる。5月3日に1軍に初召集されると即日に代走で初出場。10日には8番左翼で初スタメン出場し、寺原隼人から初安打、初打点。さらに同じ回に3盗を決め初盗塁。、川﨑宗則の安打で初得点、さらにはその後も2安打を放ち初の猛打賞と「初」つくしの鮮烈なデビューとなった。
[最終更新:2011/05/11]
PR情報
節電グッズ・節電対策熱中症対策にネッククーラー冷たいタオル パイル地冷却ジェルつき防水加工ピンク
Google
ググる

[1]キーワードTOPへ
(C)DOKOYA all rights reserved.